患者様のご自宅やご入居先に薬剤師が訪問し、処方箋によるお薬をお届けし、服用及びお薬の管理をサポートします。
(居宅療養管理指導、介護予防居宅療養管理指導、在宅訪問薬剤管理指導)


医療保険・介護保険サービスを利用して、薬剤師も在宅介護のお手伝いができます。薬の種類や性質、飲み方などの疑問にお答えしながら、薬が有効に力を発揮しているかどうかを確かめ、担当医、ケアマネジャー、訪問看護師等と連携をとり、患者様が服薬しやすいようにその方に合わせた調剤など工夫してサポートさせていただきます。

介護保険を持たない方や医療的ケアを必要とする小児、若年者の場合も医療保険による同様の「在宅訪問薬剤管理指導」サービスがあります。

こんな時、こんな方、ぜひお気軽にご相談ください。

●薬を取りにいけない→薬局に行くのが困難な方
薬剤師が定期的にご自宅やご入居先を訪問し、処方箋をもとにお薬をお届けします。

●「あれ、薬、飲んだかな?」→お薬を飲み忘れてしまう方
「おくすりカレンダー」や「おくすりBOX」に、朝・昼・夕・就寝前のお薬を区分して管理。飲み忘れや二重飲みを防止します。
※一包ずつ服用日や服薬時間帯を大きく印字・色分けし、飲み間違いを防止します。

●「薬が飲みにくい」「お薬の種類が多くて混乱してしまう」→お薬の服用方法に困っている方
数種類のお薬を1回分ごとにまとめる「一包化」や、服薬状況に合わせて飲みやすい剤形や調剤方法をご提案します。

●「薬を飲んでから調子がおかしい・・・」「飲み合わせが不安」→病気やお薬の服用について不安がある
食事、排泄、睡眠等の体調チェックを通じて、お薬の影響を確認します。また、かぜ薬などの市販薬、健康食品やサプリメント等との飲み合わせチェック、複数の病院にかかっている場合、同じ働きを持つ薬が重複して処方されていないか、副作用や併用している薬との相互作用はないか等を確認いたします。

また、歳のせいで転びやすくなったのかな?

「どうも歳のせいで・・・」と思っていることが、薬の副作用ということもあります。
長期間同じ薬を飲んでいることにより副作用や身体機能への影響が出ることもありますので、薬剤師にお気軽にご相談ください。

ご利用料金

法令に基づき、お薬代とは別に一回の訪問毎に費用が発生いたします。
料金はお持ちの保険の種類によって異なります。

【 介護保険対象の方 (基本65歳以上の方)】

  1割負担 2割負担 3割負担
単一建物居住者が1人の場合 509円 1,018円 1,527円
単一建物居住者が2~9人の場合 377円 754円 1,131円
上記以外の場合 345円 690円 1,035円

 

【 医療保険対象の方 (介護保険を持っていない65歳未満の方)】

  1割負担 2割負担 3割負担
単一建物居住者が1人の場合 650円 1,300円 1,950円
単一建物居住者が2~9人の場合 320円 640円 960円
上記以外の場合 290円 580円 870円

 

※特別な薬剤(麻薬等)がある場合はプラス100円になります。

※薬剤師が行う訪問薬剤管理指導は、医療保険または介護保険の対象となります

※お持ちの医療証などによっては無料でお届けできるケースもありますのでご相談ください。

訪問サービスの流れ

  1. 医師の往診
    診療のあと、医師は患者さんに必要な薬を記した処方箋を渡します。その際、薬剤師による訪問指導が必要だと判断した場合、医師はその旨を処方箋に記します。
  2. ご本人・ご家族の同意
    在宅訪問を行う際は患者さま、もしくはご家族の同意のもとで開始いたします。
  3. お薬の準備
    処方箋をLINEまたはFAXで薬局宛にお送りください。訪問日時をご相談させていただきます。
  4. ご訪問・服薬サポート
    薬剤師が処方箋に基づいて調剤した薬をもってご自宅を訪問します。
    患者さんのお宅を訪問後、薬剤師は生活状況に合わせたお薬の管理やセットを行います。またお薬の効果、副作用、相互作用(飲み合わせ・食べ合わせ)、残薬などをチェックし、患者さんやそのご家族へ安全にお薬を飲んでもらうための説明や情報提供を行います。
  5. 訪問後は医師やケアマネージャーにご報告
    訪問時に確認した内容は、患者さんがより安心して在宅医療・介護サービスを受けられるよう、医師・ケアマネージャーや関係する医療・介護スタッフで情報を共有させていただきます。

★薬剤師は定期的な訪問のほか、緊急時のお薬にも対応しています。